美容・ファッション

【顔タイプ診断】子供顔と大人顔、似合う服の違いは?

OLちゃん
OLちゃん
顔タイプ診断で「子供顔はカジュアルが似合う」って言われたけど、カジュアルってどんな感じだろう?

顔タイプアドバイザーのTOMOです!

顔タイプ診断では、診断要素の一つとして「子供顔」「大人顔」があり、それぞれ以下のタイプが当てはまります。

子供顔のタイプ
  • キュート
  • アクティブキュート
  • フレッシュ
  • クールカジュアル

大人顔のタイプ
  • フェミニン
  • ソフトエレガント
  • エレガント
  • クール

子供顔はカジュアルな服、大人顔はキレイめな服が得意ですが、そもそも「カジュアル」「キレイめ」とはどんな服のことをいうのでしょうか?

今回は、子供顔・大人顔がそれぞれ似合う服のポイントを具体的に見ていきたいと思います。

丈の長さ

子供顔…丈短めが得意
大人顔…丈長めが得意

一番分かりやすいのが、ボトムスの丈の長さ。着丈が短いとカジュアルに、長いとキレイめに見えやすいです。例えばショートパンツは、カジュアルなイメージが強くありませんか?

ボトムスだけでなく、アウターもこれに当てはまります。ロングコートは大人っぽく、ショート丈コートはカジュアルに見えやすいです。そのため、大人顔でショートスカートを履く場合は、アウターをロングにしてあげると馴染みやすいです。

身体へのフィット感

子供顔…ゆったりした服が得意
大人顔…ぴったりした服が得意

次のポイントは、身体へのフィット感です。

ゆったりしたシルエットの服はカジュアルな印象を与えやすいです。子供顔の方は、全身をゆったりさせる必要はありませんが、全身ピタピタではなく、どこかにゆとりのあるパーツを作ることを意識してみてください。

反対に、身体のラインが出るようなピタッとしたシルエットの服は大人顔の方が得意です。リブニットのワンピやマーメイドスカートなどがオススメです。

素材感

子供顔…目が粗い、天然素材などが得意
大人顔…ハリやとろみのある素材が得意

素材感で言えば、子供顔の方はザラザラ・ゴワゴワするような目が粗い素材が得意です。こうした素材の服は、ザックリした印象を与えるものが多く、カジュアルに見えやすいです。

反対に、大人顔の方はハリやとろみを感じられるような素材が得意。目が細かく、つるっとした服です。とろみブラウスはフェミニンさんに、パリッとしたシャツはクールさんにオススメです。

まとめ

いかがでしたか?最後にもう一度、子供顔と大人顔で似合う服の特徴をまとめてみましょう。

子供顔に似合う服の特徴
  • 短め丈のボトムス・アウター
  • ゆったりしたシルエット
  • 目が粗い素材感
大人顔に似合う服の特徴
  • 長め丈のボトムス・アウター
  • ピタッとしたシルエット
  • ハリ・とろみのある素材感

尚、これらの要素全てを満たさないと似合わない!というものではなく、組み合わせで考えて頂ければと思います。

OLちゃん
OLちゃん
私は子供顔だけどピタッとしたスカートが欲しい…じゃあ丈は少し短めにしよう!

似合う服のポイントを知っておくと、買い物で迷ったり失敗したりすることが減るので、ぜひ覚えておいてくださいね。また、今回の子供顔・大人顔の要素と、直線・曲線の要素を組み合わせていくのが顔タイプの基本となりますので、直線・曲線タイプのそれぞれ似合う服のポイントについてもぜひ覚えてみてください!

オンライン診断ならココナラで

↓「顔タイプ診断」で検索してみてください♪