暮らし

ICLって失敗しない?新宿近視クリニックでの手術レポート

OLちゃん
OLちゃん
ICLって興味あるけど、本当に大丈夫なの?実際に手術を受けた人の声が聞きたい!

本記事を見て下さっている方は、きっとICLに興味があって手術を検討している、または手術をした方ではないかと思います。私は新宿近視クリニックにて、先日手術をしてきました!

大事な目の手術ですから、もちろん不安も緊張もありますよね。

今回は、手術経験者として術後レポートをお届けしたいと思います。ICL手術をしたいけど踏み切れない人の参考になれば嬉しいです。

ICLとは?

OLちゃん
OLちゃん
そもそもICLってなーに?

ICLを検討している方は散々調べ尽くしているかと思いますが、簡単にICLとは何かをまず説明させていただきます。

ちまたでは「ICL」と呼ばれることが多いですが、「有水晶体眼内レンズ(フェイキック)挿入手術」が正式名称です。

この手術は、白内障の手術では取り除いてしまう「水晶体」を残し、虹彩の前もしくは後ろに人工のレンズを挿入し、近視や乱視を矯正する手術です。白内障の手術を応用した手術となります。

米国では2004年に、日本では2010年に厚生労働省で認可されました。

同じような近視矯正の手術としてはレーシックが有名ですが、レーシックが角膜を削るのに対し、ICLはレンズを挿入するだけなので、万一何かあったり白内障の手術を将来することになったりしたらレンズを取り除くことで「元に戻せる」という違いがあります。

ICL手術までの流れ

ここからは、新宿近視クリニックでの手術レポートになります。

適応検査

OLちゃん
OLちゃん
なんで事前検査が必要なの?

ICLの手術を検討する際に、まずは適応検査を受けなくてはいけません。

  • 目にレンズを挿入する十分な空間があるか
  • 角膜内皮細胞の数は十分か
  • レンズの度数や乱視の確認

などを、さまざまな機械や医師の診察によって検査していきます。途中、瞳孔を開く目薬をさして、効くまで待つ時間があるので、それも含めて約2時間程度かかりました。

検査の結果、ICL適応となれば、手術日を調整することとなります。新宿近視クリニックでは、乱視でなければ1週間くらいでレンズが到着するので、適応検査から1週間後以降での調整となりました。

手術3日前〜前日

OLちゃん
OLちゃん
手術前に自分でやらなきゃいけないことは?

手術3日前からは、適応検査時に渡された細菌を抑える作用がある目薬を1日4回自分で差す必要があります。適応検査の時はウキウキだったのですが、この時から手術の実感が湧いてきて、少しずつ緊張するようになりました。笑

コンタクトは、前日までつけていてOKです。これはとても有難かった。

手術当日の流れ

OLちゃん
OLちゃん
手術当日は何時間かかる?

手術当日のタイムスケジュールは以下の通りでした。

  • 9:00 病院到着・流れの確認や書類の提出
  • 9:30 目薬をさし始める
  • 10:00 手術室前へ移動・手術前の最終準備
  • 10:30 手術開始
  • 10:50 手術終了・休憩
  • 11:20 診察
  • 11:30 終了

全体でかかった時間は2時間半。うち、実際に手術をしたのは20分程度です。

手術室前に移動するとスマホも全てロッカーにしまわないといけないのですが、その前までは自由なので、スマホを触りながら定期的に看護師さんに目薬をさしてもらう時間が30分程度ありました。

手術前後は手術室前のリクライニングチェアで休憩タイムです。ひたすらぼーっとします。笑

OLちゃん
OLちゃん
どんな人が対応してくれるの?

新宿近視クリニックでは、患者さんが多いからか医師・看護師共に役割分担制のようです。

  1. 最初に説明してくれる看護師さん
  2. 手術室前に移動する前まで目薬をさしてくれる看護師さん
  3. 手術室前で目薬をさしてくれる看護師さん
  4. 手術してくれる医師
  5. 手術後の診察してくれる医師

トータル5名の方にお世話になりました。人によっては流れ作業みたいに感じる方もいるかもしれませんが、私は「効率化されてるなあ」と感じました。特に不備もなかったし、よく連携されてたと思います。

手術中・直後の感想

OLちゃん
OLちゃん
手術は痛くないの?

手術自体は、麻酔の目薬を直前までさしているので痛みは全く感じませんでした。「今レンズ入れてますよー」と言われて「え、まじ?」と思ったほど。眼球をぐりぐりされている不思議な感触が終始します。

OLちゃん
OLちゃん
手術器具は見えないの?

手術は歯医者さんみたいな自動で倒れる椅子に座って行われます。上からライトで照らされてとても眩しいのですが、そのライトを見つめるように指示されます。

レンズ自体は横から入れているのか、先生の手元は全く見えませんでした。ので、怖くありません!

OLちゃん
OLちゃん
まばたきしたくならない?

手術中はまぶたを器具で固定されてしまうので、まばたきしようとしてもできないので大丈夫です!また、常に目薬などで目が乾かないようにして下さっていたので、特にまばたきできない!死ぬ!と感じることもありませんでした。

OLちゃん
OLちゃん
手術直後から視力は上がるの?

手術が終わって休憩スペースに移動する時には、まだぼやぼやとした視界でした。おそらく、ずっと目を開けていたことや目薬・消毒液をかけられ続けていた影響もあると思います。

ただ、休憩スペースで目を瞑って30分程度休み、次に目を開けた時にはびっくり。既に1.0くらいは見えていたと思います。

手術開始から1時間後にはもう外に出ていましたが、自力で問題なく電車に乗って帰れるレベルでした。

ICL術後の経過

当日

OLちゃん
OLちゃん
手術当日は一人で帰れる?

前述の通り、手術当日からかなりクリアな視界になります。一人で外を出歩くのも問題ありません。

感じたこととしては以下の通り。

  • 瞳孔を開く目薬をさしているので、3〜4時間は手元が見づらい
  • 日差しや電気がとても眩しく感じる
  • 目がゴロゴロしたり、少し痛んだりする(PC仕事しすぎて疲れた〜みたいな痛み)

当日から1週間は、もらった目薬3種類を1日数回さします。また、洗顔やメイクはできません。

手術翌日

OLちゃん
OLちゃん
翌日検診の結果は?

手術翌日は、「翌日検診」を受けます。

  • 視力検査
  • 眼圧検査
  • 医師の診察

術後良好なので、待ち時間も入れてトータル20分程度で終わりました!

視力は1.5!順調です。事前に言われていた「ハロ・グレア」(光が滲んで見えたり眩しく見えたりする)は、光源を直接見ると起こりますが、部屋で普通に過ごしている分には感じません。

今後は1週間後、1ヶ月後、3ヶ月後、6ヶ月後、1年後に検診を受けることになります。ちょっと面倒ではありますが、目の健康のためなのでむしろ無料(というか手術費用に含む)で検診を受けられてラッキーと思うことにします。

ICL手術前に準備しておくべきもの

OLちゃん
OLちゃん
手術後必要なものってある?

実際に手術を受けてみて、これは買っておけばよかった!と思ったものをご紹介します。

全身拭き取りシート

手術当日は入浴NG、かつ、手術後1週間はバシャバシャ洗顔はできません。冬ならまだしも暑い時期はベタベタして地獄なので、拭きとりシートは必須です!

上記の拭き取りシートは

  • 洗顔
  • ボディ洗浄
  • メイク落とし
  • 保湿

ができてしまう優れもの。女性は翌々日以降、目の周り以外のメイクはOKなので、シートタイプのメイク落としも兼ねているこちらがおすすめです。

シャワーハット

翌日以降、目に水が入らなければ洗髪OKになるのですが、これがなかなか難しい!

人によっては美容院で洗髪する方もいるらしいですが、忙しい平日にそれは無理なので、私はなんとか頑張って自分で洗髪しています。

ただ、頑張るにも限度があって、眼鏡をかけてみたり、タオルで顔を押さえてみたりするも、上手くいかず。

途中でえーいと買ったシャンプーハットは大正解でした。赤ちゃんが使うイメージが強くちょっと恥ずかしいですが、ストレスがなくなるので事前に購入しておくことを強くおすすめします!

まとめ

私はICL手術を受けて、本当に良かったと思っています。

何より良かったのは、朝起きてクリアな視界が広がっていること。今までは、朝起きてコンタクトをつけないと「目が覚めた」感じがしなかったんですが、ICLを受けたことでスッキリ起きられるようになりました。

もちろん、リスクがゼロではない手術なので、検査の結果とご自身のリスク許容度としっかり相談してから手術を決めてくださいね!