美容・ファッション

「顔タイプ診断」の診断方法って?印象で決まるわけじゃ無いんです!

今年1月には協会の公式本も発売された「顔タイプ診断」。

顔のタイプを8分類し、似合う服やメイク、ヘアスタイルが分かるという診断方法ですが、一体どうやって分類しているの!?と思う方も多いはず。

自分の顔タイプを知りたい気持ちはあっても、それがどうやって導き出されるのか分からないと、「アドバイザーの主観で決まってしまうのでは?」と不安になってしまいますよね。

今回は、顔タイプアドバイザー1級の私が、「顔タイプは主観で決まるものじゃ無いんだよ!」ということをお伝えしていきたいと思います。

診断の決め手となる2軸

顔タイプを診断する上で基準となる「世代感」と「形状」の2軸について、まずはご説明したいと思います。

世代感:大人と子供

世代感の判定では、あなたの顔が「大人顔」と「子供顔」どちらに当てはまるかを見ていきます。

大人顔の特徴は、

  • 顔の形が縦長、卵型
  • 顔の上側にパーツが寄っている
  • 目と目の間が狭い…など

子供顔の特徴は、

  • 顔の形が丸顔
  • 顔の下側にパーツが寄っている
  • 目と目の間が広い…など

もちろん、大人顔の特徴にも子供顔の特徴にも当てはまるという方もいらっしゃいます。

最終的には、「どちらの要素をより多く持っているか」で大人顔・子供顔を決めていきます。

形状:直線と曲線

形状の判定では、あなたの顔が「直線タイプ」と「曲線タイプ」どちらに近いかを判定していきます。

直線タイプの特徴は

  • フェイスラインに骨を感じる
  • 頬に丸みを感じない
  • 鼻筋が通っている…など

曲線タイプの特徴は

  • フェイスラインに骨を感じない
  • 頬に丸みを感じる
  • 小鼻に肉感がある…など

形状も世代感と同様に、どちらの特徴も持っている人もいらっしゃいます。その場合は、世代感とは違い、一定以上の両方の要素を持つ場合は「直線・曲線MIX」と判断します。

実際の診断の流れは?

では、実際の診断の流れを見ていきましょう。

①診断用の写真撮影

診断を対面で実施する場合でも、オンラインで実施する場合でも、診断用に写真を撮影することになります。

というのも、診断の中では定規を使ってお顔やパーツの長さを測り、比率などを計算していくからです。

対面の場合はアドバイザーが撮影しますが、オンラインの場合は自分で撮影する必要があります。

少し角度が変わってしまうと、正確な測定ができず、結果にも影響が出ますので、必ずアドバイザーの指示に従って「真正面から」「顔と平行に」撮影するようにしましょう。

②写真を使って顔を測定

①で撮影した写真を使って、お顔の色々な位置を測定していきます。

例えば、お顔全体の縦横比を計算したり、目の大きさを測ったり…。

ここで測定した結果も踏まえ、いよいよ顔タイプの判定を行います!

③診断チェックシートを使って、世代感・形状を点数化

顔タイプアドバイザーは、皆共通のチェックシートを使って、世代感・形状それぞれの点数を算出していきます。

チェック項目の詳細は協会の規定によりお伝えすることができませんが、最初にご紹介した「顔の形が縦長or丸顔」の詳細版だと考えて頂ければと思います。

この点数化によって、

  • 大人顔か子供顔か
  • 直線タイプか曲線タイプか直線曲線MIXタイプか

が判定され、その組み合わせによって以下の8タイプのどれに当てはまるかが分かるのです。

顔タイプアドバイザーそれぞれの主観でタイプが決まるわけではなく、共通のチェック項目がありますのでご安心下さい!

フェイスマッチをするとより納得!

アドバイザーの中には、診断後フェイスマッチまで行なっている方も多くいらっしゃると思います。

「フェイスマッチ」とは、自分の顔写真をファッション誌などに「自分が着ているように」当ててみることで、より視覚的に自分が似合うファッションのイメージを掴むことができる手法のこと。

顔タイプ診断結果は分かったけど、実際に何を着ればいいか分からない!と悩んだ時に有効な手法です。

やり方は簡単。自分の画像を顔の部分だけ切り取って、服や小物などファッションアイテムの画像に当ててみるだけ。

似合うものは自然に馴染んで見え、似合わないものは違和感を感じるので、服を買う前に試すと、効果大です!

お気に入りの雑誌を使ってもいいですし、私のTwitterでは時々顔タイプ別のフェイスマッチ用画像を投稿していますので、よろしければ参考にしてみてください♪

まとめ

顔タイプ診断は、アドバイザーが「パッと見の印象で決めるもの」ではなく、「計測・項目チェックを踏まえて決めるもの」です。

セルフ診断も可能ですが、自分を客観的に捉えるのって難しいですよね。

「自分だと丸顔だと思っていました!」という方が、実は標準的なお顔の縦横比で、他の要素と組み合わせると「大人顔」だった!なんてこともよくあります。

セルフ診断に自信が持てない方は、ぜひ一度アドバイザーに診断を受けてみることをオススメします♪

オンライン顔タイプ診断ならココナラで

↓「顔タイプ診断」で検索してみてください♪