転職・副業

「アウトプット大全」インプットはアウトプットあってこそ!

「たくさんビジネス書を読んでいるのに、身についている気がしない」と思うことはありませんか?

それはもしかすると、「アウトプットが足りない」ことが原因かもしれません。

私自身ビジネス書を読むことが好きで、週1〜2冊ほどのペースで読書をしてきました。しかし、それによって現実になにか変化があったかと言えば、あまり実感はありませんでした。

そんな時この本に出会い、圧倒的に「アウトプットが足りなかった」と気づかされました。

  • インプットは多いけど、頭でっかちになっている気がする
  • インプットしたことを、もっと現実世界に活かしたい
  • アウトプットと言われても、何をすれば良いか分からない

上記に当てはまるような方にオススメの一冊です。

「アウトプット大全」からの学び

「アウトプット前提のインプット」が重要

インプット前に、自分がこのインプットから何を学びたいかを意識することが大切。

例えば、

  • 本はまずパラパラ読み、全体の構造を理解してから、学びたいポイントを決めて読み進める。
  • セミナーは受講前に「今日知りたいこと」をノートに書き出しておく

「何も考えない」時間も大切

人が何かをひらめくのは「ぼーっとしている時間」であることが多い。

「創造性の4B」…Bathroom、Bus、Bed、Bar

空いた時間にスマホを無意味に使用するのはやめ、「何も考えない」時間を作ることでアイデアが生まれる

「実現する目標」は設定方法にポイントがある

目標が実現する5つのルールは以下の通り。

  1. ちょい難に設定
  2. 期限をつける
  3. TODOに落とし込む
  4. 客観的に評価できるものにする
  5. 小さな目標に分割する

「アウトプット大全」を読んでのTODO

Twitter/ブログを活用してアウトプット量を増やす

こうしてブログを書いているのも、まさに「学びをアウトプットするため」です。

本やセミナーはもちろん、テレビや友人との会話で得た学びもアウトプットする癖をつけていきたいと思います。

Twitterのアカウントも早速新たに開設しました!

無意味にスマホをいじらない

今まで少し時間が空くと、なんとなくInstagramを見たり、ニュースサイトを見たりして暇つぶしをしてしまうことが多くありました。

しかし、これからはスマホを使うときは「何をするか」を決めてから開くこととし、アイデア創出のための「何もしない」時間をあえて増やしたいと思います。

著者の別の本も読む

アウトプットを増やす上では、文章力も必要になってきます。この本の中でも紹介されていた「ソーシャルメディア文章術」を読み、勉強したいと思います。

また、アウトプット大全からの学びが非常に多かったため、この後に出版された「インプット大全」も購入しました。この本に引き続き、読み進めていきます。