暮らし

スッキリした部屋を維持する3つの習慣!面倒くさがりでも大丈夫!

突然ですが、あなたの部屋は綺麗ですか?

綺麗好きな人ならいつでも人を呼べる状態かもしれませんが、仕事や子育てで毎日忙しく、自信を持って「キレイです!」と言える方は少ないのではないでしょうか。

でも、誰だってできることならスッキリした部屋で生活したいものですよね。

そこで今回は、整理収納アドバイザー1級として、面倒くさがりでもこれだけ押さえておけばスッキリした部屋を維持できる!という3つの習慣をご紹介したいと思います。

綺麗な部屋を維持できない理由

実は私自身、昔は整理が得意な人間ではありませんでした。学生時代は、もう使っていない教材や、サイズが合わなくなった服などが捨てられず、モノに侵食された部屋で生活していました。

時々「片付けよう!」と思っても、一時的に綺麗になるだけで数週間もしないうちになぜか元通り。

そんな、「綺麗を維持できない」には理由がありました。

綺麗を維持できない理由

・モノの絶対量が多く、しまいきれない。

・捨てる習慣が無く、モノが増える一方。

・モノを出しっ放しにすることに慣れ、気にならない。

・整理・掃除はまとまった時間で一気にやるものだと思っている。

しかし、一人暮らしをきっかけに「整理収納」を1から学び、これだけ押さえれば大丈夫!と始めた3つの習慣があります。

小さなことですが、毎日意識することでいつでも人を呼べる部屋をキープできているので、片付けに悩んでいる方は是非試してみて下さい。

習慣①外出時は平面にモノを置かない

床にカバンを置いたり、テーブルに郵便物を置いたり、ベッドに洋服を置いたり…。

平面は、当たり前ですがモノを置きがちな場所ですよね。

しかし不思議なことに、一つくらいならとモノを置き始めると、いつの間にかモノがモノを呼ぶように「出しっ放し」のモノが増えていきます

それを防ぐために、部屋をリセットするタイミングを決めておくことをオススメします。

私の場合、リセットのタイミングは外出時。

帰ってきた時、部屋がごちゃっとしていると、つい持ち帰ったものを出しっ放しにしてしまいがち。

しかし、綺麗な部屋に帰ってくると、「この状態を維持しよう」という気持ちになりますし、何より気分がとても良いです。

習慣②15分チャレンジでモノを減らす

部屋が片付かない大きな理由の一つが「モノの絶対量が多い」こと。

普段何気なく生活している部屋でも、捨てるものはないかという視点で見てみると、意外と無駄なモノがあるはずです。

例えば・・・

・ダイレクトメール

・賞味期限切れの食材、調味料

・使い切った化粧品

・サイズが合わない服

・もう読まない雑誌

・機種変更前の携帯電話

何も考えずに生活していると、部屋の中のモノは右肩上がりで増えていきます。

そこで私がやっているのは「15分チャレンジ」。

こちらは断捨離で有名な筆子さんの著書「1週間で8割捨てる技術」で紹介されている方法です。

アメリカの「FliLady.net」という無料のお片づけお助けサイトの方法を参考に、私が片付けに利用していた「15分で27個捨てる方法」を紹介します。やり方はこんな感じです。

  1. タイマーを15分にセット
  2. ゴミ袋を掴む
  3. タイマーをスタート
  4. 家中を走り回って、捨てるものをゴミ袋に放り込む
  5. 27個集まったら、袋ごと、ゴミ袋に捨てる

 

やる気がしない時でも、とりあえず袋を持ってタイマーをスタートさせると、意外と捨てることに集中できます。

モノが減ると、収納に余裕ができ、片付けがぐんと楽になりますよ。

習慣③モノを買うときは手放す時のことを考える

モノの絶対量を減らすという観点で、捨てることと同じくらい大切なのが、部屋に持ち込むモノを少なくするということ。

安かったから、限定品だからつい買ってしまったけど、実際全然使ってない…という経験は誰にでもあると思います。

何かを買うときは、手放す時のことも考えることを習慣にすると、無駄買いを減らすことができます。

モノは買うのは簡単だけど、捨てるのは面倒。その意識を持つことで、本当に必要なものだけを選んで家に迎えることができるようになりました。

まとめ

ここまでご紹介した3つの習慣は、誰にでもできて、取り掛かりやすいものだと思います。

1日のうちで時間を使うのは、外出前の数分と、モノを捨てる15分だけ

これをコツコツ続けることで、1日がかりの断捨離・片付けをしなくて済むと思うと、なんだかやってみようという気になりませんか?

片付けが苦手な方こそ、まずは1週間是非試してみて下さい!